Skip to content

UPCOMING EVENTS 研究集会告知

『フィールドプラス』カフェ「デット―「負債/負目」研究の最前線」

field plus no.27 image
オンライン開催

使用言語:日本語
参加費:無料
概要:東京外国語大学出版会刊行の『FIELDPLUS』no.27(2022年1月20日刊行)巻頭特集「デットー『負債/負目』研究の最前線」の寄稿者一人一人がお話を致します。

内容:
1. 佐久間寛(明治大学)「序―経済人から返済人へ」
2. 河野正治(東京都立大学)「首長に負うこと、負わないこと―ミクロネシア連邦ポーンペイ島にみる称号と負目」
3. 酒井隆史(大阪府立大学)「戦前の都市下層社会における貸し借りの論理―赤松啓介「非常民の民俗学」の記録を通して」
4. 箕曲在弘(早稲田大学)「金を借りても逃げればよい―ラオスコーヒー栽培地域にみる貸し手が負う社会」
5. 関野文子(京都大学大学院)「負う・負わせることなく分かち合う」

お申込みはこちら

共催:『フィールドプラス』編集部、共同利用・共同研究課題「負債の動態に関する比較民族誌的研究」、科研費基盤 (B)「 負債の動態をめぐる比較民族誌的研究:アジア・アフリカ・オセアニア農村社会を中心に」(研究代表者:佐久間寛(明治大学) 課題番号:19H01388)

footer photo

footer photo